はじめてのポケデジ


ポケデジは、これまでのカメラとはまったく異なります。
そのためはじめのうちは、戸惑うこともあるかもしれません。
しかし慣れると、いつも持ち歩きたい愛らしい子になります。

下記にポケデジならではの使い方や撮影法を記載しました。
これらを参考にすれば、きっと早くポケデジと仲良くなれるはず。
ぜひお試しください。

■はじめに
ポケデジを手にしたら、まずカメラのくせを知りましょう。
これはポケデジに限らず、すべてのカメラに言えることです。
まずカメラを知ること。これが最初の第一歩です。

対象物を決めて、以下のことを意識しながらテスト撮影しましょう。
 ・どれぐらいの画角(撮影できる範囲)で撮れるか
 ・接写と無遠のピントの合う距離感
 ・シチュエーション別の写り具合
 (晴れ、曇り、室内、室外、日向、日陰、電灯<白、オレンジ>etc..)

ポケデジは、ノーマル、モノクロ、ノイズ、ビビッドと、
4つの色合いを選んで撮影することができます。
どのシチュエーションでどのカラーモードを使うと
自分の好みの写りや色合いになるか把握しましょう。

■レンズ位置
ノーファインダーでどうやって撮るの?まず最初に出る疑問です。
レンズの位置は、シャッターボタンの横にあるレンズ上部にある凸っとした「」で確認します。
この線は、レンズ中央を示しているので、被写体をどの位置にするか
「横位置」決めて撮影することができます。
「縦位置」は、レンズ上部にある線から見て撮影すると少し下の部分が写るので、
見たイメージに近い感じに撮りたいときは、撮影する際、少しカメラを上にして撮影すればよいです。
写真の場合は、ほぼましかく、ムービーは長方形サイズになります。(サンプル写真&動画
慣れるとイメージ通りに撮れるようになってきます。
逆にファインダーがない分、構図を意識しすぎず撮るので、
思っていた以上の写真やムービーが撮れていてうれしくなったりします。

■シャッタースピード
ポケデジは、シャッターを押してデータを保存するまで少し時間がかかります。
シャッターを押してピッと音がなり、再びピッと音がなるまでじっと我慢して待つ。
途中で動くとボケたり、ゆがんだりした画像になります。
裏技?ではないのですが、
同じ位置で動かずそのままもう一度シャッターを押すと、
2回目以降は、なぜかシャッタースピードが早いのです。
(1回目の半分ぐらいの時間)。
それを生かして撮影位置が決まったら、まず1回目は空撮影して、
2回目以降本番みたいな気持ちで撮影するのもよいでしょう。
※ムービーの場合は、シャッターを押したらすぐに撮影がはじまるので
 上記の方法は必要ありません。

■写真のカラーモード選択
写真のカラーモードは、1度カラーモードを選んで撮影すれば、
電源がOFFになるまで、同じモードで連続して撮影することができます。
例えば、はじめにノイズモード「P2」で撮影した場合、
もう1度シャッターを押せば、同じノイズモード「P2」のままで写真が撮れます。
電源がOFFになるとノーマルモード「00」に戻るので、またカラーモードを選択してください。
※ムービーの場合は、毎回カラーモードを選択する必要があります。

■撮った写真を携帯電話で見る
携帯電話の機種にもよりますが、microSDが入る携帯電話の場合、
microSDの差込口にポケデジで撮影したmicroSDを差し込むと、
ポケデジで撮影した「写真」を見ることができます。
※すべての携帯電話で試していないので、対応していない機種があることをご了承ください。

■写真のプリント
ましかくプリントや色合い、写真をプリントする紙については、
コチラ(プリントラブ)の記事をご参考ください。


ポケデジは愛用していると新しい発見がたくさんあります。
小さいカメラですが、知れば知るほど奥が深いカメラです。
みなさんも独自のポケデジ撮影法を見つけて楽しんでもらえれば幸いです。






1

オフォシャルサイトはこちら
このブログに掲載の写真・ムービーは
ポケデジ「SQ30m」「SQ30mL」
で撮影しています。

ホナガヨウコdancing彼女



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORY RECENTLY ARCHIVES
LINKS SEARCH
OTHERS